読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+-

ハイになったりローになったり

2017.3.6の日記

 家へ帰ってきた。ローさは軽減された。でも、何かに集中できない気分は残る。これは何だろうな。妙にそわそわして、やれることと言えば、ぶらぶら歩いたり、テレビを見たり、ネットがくだらない記事を見たりすることだけ。あと食べること。こういうのって、結構続く。

 思えばこういう感覚って中学生くらいの頃からあって、なんかパソコンの前でオフスプリングとか聞いてたな、って思い出したりした。あの頃の方がより怠惰に呑まれていた。人間性がおかしくなってくる。最悪だった時は、親父に無理やり簿記を受けさせられて、なんだか立ち直ったのだった。意外と、その後の高校受験とかも、精神安定のためにやっていたかも。一人でじいさんちの2階に行って、じっと勉強に集中していると、なんか爽快だった。

 今でも何かに集中できることは、それが何であれ価値があると感じるし、逆に注意が散漫になる時間は、放っておくとかなり悪い方向に自分を持って行ってしまう。 目標意識で何かを達成するタイプじゃない。なんか最近同じことばかり書いてる気がするけど、これは大事な事実であり、自己発見。正直すべての行動は等価である、と言ってもいい。それが熱中した感じをもたらすなら。意識の集中した感じの奥に、何かぐらっと揺れる暗いものがあって、そこで今まで思いもしなかったような、でも一度それが生まれると、もうそれを前提にしなければ何も考えられないような、何かが生まれる。そういう想像力はエロチックだ。
 本当はそういうことをずっとやっていたい。多分、アウトプットの質にそれほどこだわる必要はないのだ。例えば踊りってことで言ったら、俺が熱中した状態で踊ってる踊りというのは、多分めちゃめちゃ滑稽な見た目になっていて、全然人に見せるような何かにならないだろうけど、でもやっぱり熱中は熱中で、すごいものはすごいのだ。バカ、アホ、でいいわけだ。それが生きざまで、表現ってものじゃないか?